住宅ローンを上手に借りるにはどうすればいい?

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。
申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要があります。
結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。
なので、申込をすれば確実に通る。
という期待はできません。
不合格になってしまう人もたくさんです。
ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。
どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、固定金利もしくは変動金利を選びきれない方が多いのです。
何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すれば気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。
但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。
それでも、今は低金利といわれる時代のせいか全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。
他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。
現在、住宅ローンを返済中の方もこれからの方もどんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。
年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。
申請可能となる方の条件として新築を建てた方、または新築か中古の住宅を購入した方になります。
増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。
これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。